【体験談】クラッシャー上司に潰されない3つの方法

人間関係

大半のサラリーマンには“上司”がいます。

そして、上司は選べません。

さらに、その上司が自分の悩みになることがあります。

私も無気力上司、パワハラ上司、モラハラ上司散々悩まされてきました。

総じて最もタチの悪いのが「クラッシャー上司」ではないでしょうか。

世の中には平気で部下を追い詰める「クラッシャー上司」が存在しています。
パワハラやセクハラが問題視され、注目されているこの現代でも「クラッシャー上司」は生まれているのです。

今回は筑波大学医学医療系 産業精神医学・宇宙医学グループ教授の松崎一葉の著書クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち (PHP新書)を参考に私の経験を含め書かせていただきました。

クラッシャー上司に潰されないためにも、自分がクラッシャー上司にならないためにも学んでいきましょう!

この記事を読んでわかること

○クラッシャー上司とは?
○クラッシャー上司に遭遇してしまったときの対応は?

 



クラッシャー上司とは。

部下を精神的に潰しながら、どんどん出世していく人」です

基本的な能力があって、仕事ができる。

ただ、部下を奴隷のように扱い、結果的に潰していく。

基本的な能力があるというところが厄介。

どんどん出世していくので、会社が問題性に気づいたときには処分することができなくなっています

とにかく困った上司ということです。

どう対抗する!?

では、そのような上司にぶち当たってしまった場合どうすればいいのか。

結論から言うと、

  • クラッシャー上司が何故暴れているか理解すること
  • 適当に流すこと
  • 被害者感情をシェアすること

まずは、クラッシャー上司が何故暴れているか理解することです。

クラッシャー上司が暴れている理由、それはほぼ決まっています。

それは「鈍感さ」と「憂さ晴らし」です。

自分にとって気に食わないことが起きると幼児退行してハラスメントを行う。
あるいは他人に共感できない、コミュニケーション能力に乏しい人間なのである。
「そんなしょうもない人間である」と認識することが最初に必要なのである。

そう。しょうもない人間なのです。

仕事ができようが「しょうもない人間」なのは変わりないのです。

クラッシャー行為を真に受けるとかなりメンタルにきますが、

はぁ!?

その対応しょうもなっ!

そう心の中で思うだけで、だいぶメンタル楽になります。

そして、クラッシャー上司が絡んできても適当に流すことです。

思い通りの反応をしてしまうと格好の的です。

何か言ってきたら冷静に「アドバイスありがとうございます」と感情無し、棒読みで返すべきです。

感情なし、棒読みがポイントです!

余計なことは考えない、そんなことに感情は削らないでください

万が一、クラッシャー上司の的になってしまった場合は被害者感情をシェアしましょう。

孤独があなたをさらに苦しめます。

なるべく近い人間にシェア。一人じゃないと思うことが大きな救いです。

今の時代はSNSもあります。

同じ状況にある人もいるかもしれません。

とりあえず呟いてみますか。

実体験

実は私も以前の職場で上司のハズレくじを引いたことがあります。

その上司はネチネチ細かいことに文句を言うタイプ。
怒鳴るし、手も出すことがあった。

実際に私の周りは、精神的に潰れてしまった人や会社を離れた人が多々いました。

明らかに原因が自分なのに、全く自分が悪いと思っていない。
逆に人が辞めていく職場をオレが支えているくらいの発言もしていました。

とにかくキツイのが怒る時。

一つの内容で1時間怒り続けることなんてザラ。

さすがの私もメンタルきましたね

けど心のどこかでその上司のこと「馬鹿にしてました」

怒られてる時に、

「この人同じこと何回も言ってるけどニワトリなのかな?」

「お主、どんだけ暇なんだよ」

「わかってんのか!?が口癖だな。今ので15回目」

みたいなこと考えてました。

考えないとなってられなかったってのもあります。

終わりに

私達は上司は選べませんが、会社は選べます

メンタルの限界に気づいているのであれば迷わず退職!それに限る!

退職しようと思ってもクラッシャー上司が認めてくれない!なんて人もいるかもしれません。

しかし、会社側に退職を拒む権利はありません!

「どうしても退職させてくれない」という人は退職代行というサービスがあります。

⇒退職代行の相談はコチラ

今回この本には、クラッシャー上司の具体例を挙げて実話も踏まえわかりやすく書かれています。

また、今回紹介した以外に対処法もありますので、クラッシャー上司に悩んでいる方はぜひ『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』を読んでみてください!

自分の身は自分で守る!

自分の限界を知ることも大事

コメント

タイトルとURLをコピーしました